インプラントの手術

インプラントは手術をする必要があります。そのためインプラントをすることに躊躇している人も多いのではないでしょうか。そしてインプラントは顎までボルトを埋め込むという手術なので、これを聞いただけでも痛そうなイメージがあります。

しかし実際は局所麻酔をきちんと効かせてから行うので、手術自体はまったく痛くありません。麻酔注射は虫歯のときの麻酔注射と同様なので特に恐れるようなものではないのです。また人によっては麻酔を追加することもあるようですが、これは経験の少ない医師が手術に時間が掛かったときに起こります。

今は多くの歯科医で扱うようになりましたが、やはり経験の多い医師、しっかりした技術を持った医師、儲け主義だけで薄利多売の医師などは避けるようにしたいものです。手術自体の痛みは特に不安を持つことはありません。それより医師選びをきちんと行い、あとは医師を信頼することが大切なのではないでしょうか。

インプラントは痛みと安全性と価格がネックになっている人が多いようですが、痛みと安全性は医師をしっかり選択すれば何も心配はありません。あとは価格ですが、価格も安いインプラントは薄利多売の可能性が高いので注意が必要になります。